先頭に戻る

肌のターンオーバーは何日くらいがいい?

MENU

肌が生まれ変わるのは28日?

シミやニキビを気にしていると、必ず出てくるのが『肌のターンオーバー』。
28日周期と言われることが多いですが、本当に28日だと思いますか?

 

実は、「健康な肌の場合は28日」と言うのが正解。
加齢やストレスなどにより、ターンオーバーが乱れていると28日以上かかる場合があります。
反対に、ピーリング等で無理やりターンオーバーを早めることもあります。

 

では、ターンオーバーの日数と美肌には、どんな関係があるのでしょうか?

 

若く健康な肌は28日周期

順調にターンオーバーが行われている肌では、基底層で作られた細胞が、真皮⇒角質と押し上げられ、その間にメラニン色素などの余分な物質も巻き込みながらはがれて行くため、透明感は失われず、潤いを保てます。

順調な場合

 

最も理想的なのが、28日でターンオーバーが行われること。
若く、水分バランスも良い健康な肌の場合、28日周期の方が多いです。

 

ですが、若くても乾燥していたり、無理なピーリングを行っていると、ターンオーバーが乱れている場合もあります。
「絶対に28日」と信じていたら、それ以上長かったり、短かったりする場合もあるので、「潤いが足りない」「シミが消えない」など気になることがあったら、スキンケアを見直すきっかけにしてみましょう。

 

老化で50日以上かかる場合も!

肌の老化は誰にでも起こります。
「見た目はキレイでも、肌のターンオーバー周期は50日」なんて言うこともあるのです。

 

「若い頃は日焼けしても1ヶ月で白く戻ったのに、25歳過ぎた辺りから数ヶ月かけてやっと戻るようになった」と言う経験はありませんか?
これも、ターンオーバーが遅くなった影響です。

 

また、角質が落ちるのが遅くなるため、角質が厚くなり、ごわつきを感じる場合もあります。

 

加齢により代謝は落ちて行くのが一般的なので、仕方のない部分はありますが、原因を知っておくと焦らずに済みますね。

 

若くても乱れてる?

では、若ければ安心かと言うと、そうでもありません。

 

過剰な洗顔やピーリングで、肌のターンオーバーが短くなっている場合もあります。
短い=健康ではないのでご注意を!

 

短い場合は、未熟な細胞が角質層になってしまうため、水分を保ったり、刺激から保護するバリア機能が低くなります。

 

ニキビが治らないとか、刺激に弱い敏感肌とか、実は肌のターンオーバーが短くなってしまって、角質になる細胞が未熟なのが原因と言うこともあります。

 

心当たりがある方は、若いからと言って無理なお手入れをしていないか、チェックしてみましょう。

 

順調な周期に戻したい!

「もしかして、不調かもしれない・・・」
こんな時は、やりすぎスキンケアを見直すことが大切!
ついつい、エイジングケアに手が伸びますが、そもそも、肌は自分でキレイな状態になる能力を持っています。
洗顔、保湿と言うシンプルなケアを見直してみましょう。

 

肌の悩みが解決できない人に多いのが、洗いすぎ。
洗うことで美肌になれると信じていませんか?

 

皮脂は潤いを守るために必要なので、落としすぎは良くありません。
でも、メイク汚れ等は毛穴を詰まらせるので、しっかり落としたい!
このバランスのとれた洗顔料を見つけることが大切です。

 

スクラブ入り洗顔料は、角質を削り落とす場合もあるため、使用頻度は週1〜2回に留めないと、ターンオーバーが短くなり、肌のバリア機能が弱まる原因になります。

 

負担をかけないために、朝の洗顔はぬるま湯だけで良いと言う美容専門家もいます。
何が合うかは、肌質にもよりますので、しっかり見極めましょう。

 

洗顔したら、次は保湿です。
水分をたっぷり与え、油分で蒸発を防ぐのが基本です。
意外と高価な美容液を何種類も使うより、シンプルケアを丁寧に行った方がなめらかな肌になれる場合もありますよ。
広告に惑わされずに、自分に合ったケア方法を探しましょう。