先頭に戻る

オールインワンゲルって使って大丈夫?

MENU

ラクだから♪毎日オールインワンゲルで平気?

使い続けて大丈夫?

化粧水・美容液・乳液・パック・化粧下地など、3〜5種類分のスキンケアが1つで完了するオールインワンゲル。
愛用している人も多いのではないでしょうか?

 

「すごくラクで、もう、手放せない!」
気持ちはわかりますが、本当にそれだけでスキンケアを完了させて、今後後悔しないの?

 

オールインワンゲルのメリット・デメリットを紹介します。

 

メリット

人によって様々なメリットを感じていると思いますが、今回は3つのメリットを紹介します。

 

スキンケアの時短ができる

  • 子育て中で自分に時間がかけられない
  • 夜遅く帰って来て1分でも早く寝たい
  • 朝の身支度を手早くやりたい

こんな時は、まさにオールインワンゲルの出番です!

 

1個で3〜5役ができるので、塗り忘れもないし、1〜2分でスキンケアが完了!
顔を洗って塗るだけなら、どんなに疲れて時間がなくても頑張れますね。

 

添加物が少なく済む

化粧品の添加物を気にしたことはありますか?
市販されているほとんどの化粧品に添加物が入っています。
『危険な物』と認識しないまま、様々な化学物質を肌に塗っていると思うと怖いですよね。

 

「無添加化粧品を使っているから大丈夫」
と言う方もいると思いますが、『無添加』に法的な規則はありません。
化粧品会社が独自に決めているので、無添加と言ってもバラつきがあります。
さらに、「防腐剤の●●は入ってないけど、△△は入ってる」なんて抜け道があったりします。
「無添加だから信じて大丈夫」とは言えないのです。

 

オールインワンゲルにすると、1個しか使わなくて済むので、オールインワンゲルに入っている添加物のみになります。
化粧水・美容液・乳液・・・と、色々なスキンケアコスメの添加物を重ね塗りしなくて済みます。

 

コスパが良い

1ヶ月のスキンケア代はいくらかけられますか?
色々なアイテムを使っていると、1品1品は数千円でも、トータルで何万円もかかってる・・・なんて時がありますよね。

 

オールインワンゲルなら、1個の値段だけ気をつければOK!
どのくらいで使い切るかがわかれば、スキンケア代も把握しやすく、コスパが良い場合が多いです。

 

デメリット

オールインワンゲルを使い続けて困ったことは起こらないのでしょうか?
デメリットを2つ紹介します。

 

ニーズに合ったケアがしにくい

保湿や美白だけでなく、エイジングケアがしたい場合もありますよね。
エイジングケアも、目元のケアがしたいとか、ほうれい線が気になるとか、悩みは人それぞれです。
それなのに、オールインワンゲルだと細かい調整ができないのです。

 

商品を選ぶ時に気が付くと思いますが、
・普通肌向け
・ニキビ肌向け
・敏感肌向け
・アンチエイジング向け
・美白向け
このくらいのラインナップはある場合が多いです。

 

でも、「ニキビ肌だけど乾燥するから保湿したい」とか、「アンチエイジングしたいけど、脂性肌でサッパリ使いたい」とか、具体的なニーズがある場合、対応できないこともあります。
一般的に、ニキビ肌向けは抗炎症作用のある成分が入ったサッパリ系が多いし、アンチエイジングは高保湿に特化した物が多いですから。

 

肌に合わないケアをし続けると、症状が悪化する場合もあります。
合うオールインワンゲルが見つからない場合は、『基本は化粧水や美容液等を組み合わせたスキンケアにして、時間がない時だけオールインワンゲルに頼る』と言った使い分けをお勧めします。

 

必要ない成分を塗っているかも・・・

1品ずつ選べないデメリットとして、必要としていない機能を持つ成分が入っていても、オールインワンゲルを使い続ける限り肌に塗っていることも挙げられます。

 

「肌に良いから入ってるんでしょ?」と思う方もいると思いますが、人によってはアレルギーが起きる場合もあります。
コスメアレルギーは、1度使ってすぐにアレルギー反応が出る場合もあれば、何年も使い続けて突然肌荒れを起こす場合もあります。

 

やっぱり、必要ない物は使わない方が肌のためです。
「高機能だから」と言う理由だけでオールインワンゲルを乱用しないようにしましょう。