先頭に戻る

日焼け止めは1年中使った方がいい

MENU

夏が終わっても紫外線対策は必須!

夏が終われば紫外線対策は不要か

9月に入って、暑さも落ち着いてきましたね。
「夏、終わったなぁ」
って、しみじみ思います。

 

「夏物の片づけをそろそろ始めようかな・・・」
って思った時、日焼け止めってどうしていますか?

 

もう使わない?
それとも、1年中使うべき?

 

実は、日焼け止めは1年中使った方が良いのです!

 

紫外線は1年中降り注ぐ

紫外線が強いのは、5月から8月です。
だから、日中、外にいて日焼けしやすいのは夏と言うことになります。

 

でも、9月〜翌年4月までも、紫外線がゼロになる季節はありません。
弱くなっても、確実に紫外線は降り注いでいるのです。
だから、「暑くないから、もういいや」って単純に季節や気温で判断すると、将来シミやシワができて後悔することになりますよ!

 

実は怖い!冬の紫外線

地上に降り注ぐ紫外線には、UV-A派とUV-B波があります。

 

このうち、UV-Aはガラスを通過します。
つまり、建物の中にいてもUV-Aは入ってくるため、害があるのです。

 

UV-Aの害は、皮膚を赤くしたり炎症を起こさないため、目に見えません。
でも、肌の奥まで届き、シミやシワの原因になります。
「UV-AとUV-B、どちらが老化の敵か?」
と聞かれたら、迷わずUV-Aです!

 

そして、秋〜冬にかけて太陽は角度を低くし、夏は日が入りにくかった部屋にも日の光が入りやすくなりますよね。
紫外線も一緒に入って来ますよ!

 

だから、冬に家の中にいるとしても、紫外線を全くしないと、将来のシミ・しわ予備群は出来てしまうのです。

 

日焼け止めは弱いものをこまめに塗り直して

「夏以外も紫外線対策を」
と言っても、ずっとSPF50+++の強力な日焼け止めを使う必要はありません。
強い日焼け止めは、肌への負担も大きくなりがちなので、本気で日焼けしそうな海や山に行く時や、1日中外にいる日のみにしましょう。

 

日頃の紫外線ケアは、弱い日焼け止めで十分です。
化粧下地やファンデーションなど、ベースメイクに日焼け止め効果があれば、それで十分です。
毎日メイクする方なら、特に気をつけなくても1年中日焼け止めは使っていることになります。

 

ただし、こまめに塗り直すことが大事!
お化粧直しのついでに、日焼け止め効果のあるパウダーをはたいたりして、紫外線対策も気を配っておきましょう。