先頭に戻る

ビタミンCは美白やニキビにいいって本当?

MENU

肌に良いビタミンで真っ先に思いつくのが、ビタミンC!
美肌のために毎日飲んだり、顔に塗ったりしていますよね♪

ビタミンCの入ってる果物・野菜

 

でも実は、食べ物に入っているビタミンCとスキンケアコスメに入っているビタミンCは、違うものなんです!

 

ビタミンCの効果は

  • 抗炎症作用→ニキビ予防
  • メラニン色素抑制→シミ・くすみ予防
  • 抗酸化作用→アンチエイジング
  • コラーゲンの生成補助→ハリ改善
  • 皮脂分泌抑制→毛穴・キメ改善

まさに、美肌の救世主!
何でもありです!

 

これを可能にするのは、ビタミンCが持つ還元力の高さです。

 

ビタミンCは壊れやすい

柑橘類

ビタミンCは還元力が高く、そのおかげで細胞を若々しく保つ役割をしています。

 

簡単な例をあげると、
身体の中に活性酸素が溜まると、細胞が酸化されてサビのようなものができます。
ビタミンCは、強力な還元作用で細胞の酸化を抑制し、サビを防いでくれるのです。

 

ただ、難点は還元作用が強く速いこと。
何もしなくても、どんどん還元してしまい、ビタミンCとして機能しなくなってしまいます。

 

例えば、ビタミンCたっぷりのレモン汁。
搾りたてはビタミンCが豊富ですが、1時間放置すると半分以下まで減ってしまいます。

 

そのため、食品を使った手作りコスメは鮮度が1番!
使い切りできる量しか作らないことがポイントです。

 

でも、これでは「市販されているビタミンC入りコスメのビタミンCって、ほとんど壊れているんじゃないの?」って疑っちゃいますよね。
ここは、各社工夫しています!
中でもポピュラーなのが、壊れにくいビタミンCを使っている商品です。

 

壊れにくいビタミンC

褐色瓶

ビタミンCは、化学名をアスコルビン酸と言います。
アスコルビン酸には水酸基(-OH)が2個ついています。
この水酸基が酸化還元反応を起こすと、ビタミンCの働きができなくなってしまいます。

 

これを防ぐために開発されたのが、アスコルビン酸2-グルコシド。
水酸基にグルコース(糖)をくっつけて、化学反応をしないようにしたものです。
化学反応が起きないので、壊れにくく、ビタミンCとして長期保存が可能になりました。

 

ビタミンC入りコスメを買う際は、普通のビタミンCではなく、壊れにくいビタミンCを使っているものを選びましょう。

 

お値段高いです!!

通常、ビタミンCであるアスコルビン酸は1kg1000円前後。
でも、アスコルビン酸2-グルコシドは5〜10倍くらいの値段がします。

 

値段が高い代わりに、商品中での安定が良く、入っている量の調整もしやすいメリットがあり、食品・コスメを問わず、様々な商品に広く使われています。

 

独自技術でビタミンCが壊れない

高い技術を持つコスメ会社は、ビタミンCを壊れないようにする技術を持っている場合もあります。
多くの場合は、ビタミンCをコーティングし、保護すると共に肌への浸透性を高めています。

 

ビーグレンの美白シリーズにも、この技術(QuSomeR)が使われています。

キューソーム

 

最初、ビーグレンのCセラムを見た時は「高いのに普通のビタミンCなの?」と疑念を抱きましたが、独自技術でビタミンCを安定化しているとのことで「ほっ」。

 

使ってみても、やっぱり速攻性が高く、ニキビ対策とくすみ予防には特に効果的だと感じました。

 

高濃度ビタミンC『Cセラム』が試せる♪シミ肌用トライアルセット